20171104

送水口博物館テレビにでる~

2017年11月4日(土)
送水口博物館がテレビに出ました。
「ぶらり途中下車の旅」。旅人は石丸謙二郎さんです。

次回予告からずっとどきどきしていましたが、とても丁寧な取り扱い方で、送水口博物館の展示のモットーや工夫、よさなどを充分魅せてくださいました。
館長もとってもかっこよく、物産別館の動画まで流して下さって、なんというかもう号泣しかありませんでした。

送水口博物館は、先ず石丸さんのように「そもそもどこにあるの」
「来たけどここでいいの」
「ここに書いてあるけど本当にそうなの」

というところから始まります。
でも、それも「頑張って上がって来たらこんなヒミツのステキな場所があった」という流れになっていたのが嬉しい。
「新橋の美し渋いビルの屋上にある天国」感が醸し出されていました。

出迎える館長さまもスマート。
そしてそのいつもの熱い言葉がちゃんとピックアップされています。
しかも自然な流れで。
「料金はとりません」
「アルファベット表記から漢字表記の送水口への流れを展示」
「展示はもとのビルをできるだけ再現」
「収拾(収集?)でなくて救出」
「先代の業績を後世に遺す」
「こだわりは自分で外す」
などなど・・・

ソーハク(送水口博物館の略称)さくらまつりでのハンナさんの歌や除幕式、
イベントでの磨き体験、(変なTシャツで行ったときの私の背中が映ってしまっていました)など、ソーハクらしいおかしみと愛あふれる雰囲気も伝わったのではないでしょうか。

何より、
「えっ、ここから水が出るんじゃなかったんだ」と、
ちゃんとパネルで送水口の仕組みを解説する場面をカットせずに使ってもらえてよかった~~~それも石丸さんが真摯に驚く様子が素敵だったからではないでしょうか。


どきどきし過ぎてコーナーがおわったあとは放心状態になってしまいましたが、他の場面もとても素敵でした。
初めて知る東京柿、なんとも美味しそうな蕪。味や食感の表現に、もう買うしかないと思わされました。
松葉杖にかける情熱。いつも困った人に向けるやさしい視線。使命感をもった人のかっこよさと凄まじさを感じました。
この間行った築地も面白い観点から紹介されていました。(でも一番衝撃的だったのはフジツボがおいしそうだったこと。こわい。たべたい。)
などなど・・・

誠実なテレビ番組づくりってこういうことなんだなあと、紹介される側やその周りの方々のことも考えてつくるとこうなるんだなあと、思った数十分でした。

楽しかった~~~
日テレすてきです。ありがとうございました。
石丸謙二郎さん、これからも一層ご活躍ください。今後ご出演のものはできるだけ観ます。
そして、ツイッターでともにどきどきしながら呟いていらっしゃった皆様♡
ありがとうございました。
送水口のいちファンとしてこんなにも興奮した土曜の朝はありませんでした。

最後に村上館長、お疲れさまでした。
素敵な時間と場所を、いつもいつもありがとうございます。

20171029

集めると分類したくなりますよね

送水口ナイト、先週無事に終わりました。

関わりがありました全ての方に感謝申し上げます。

ところで私は最近「送水口の頭写真を並べる」ことを趣味としております。
そこで、その紹介と分類をしたことを挨拶で述べさせていただきました。


え?頭?

と仰る方もいらっしゃると思いますので一部を紹介させていただきます。
こちらです。



現在インスタグラムで展開中です。
宜しければそちらもご覧ください。




2016岩手への旅~林丈二氏を追って~③  釜石:釜石市役所の送水口編 

みなさんこんにちは。
昨年、釜石に蛙を見に行って参りました。
などと言っている場合ではなく(錯乱)














あの伝説のロゼッタ送水口、
村上ロゴと名前入りの扇形スーパーレア物件を釜石市役所に見に行ってきたのでした。
はい、もう、すぐにお見せします。
(一年後に言う言葉ではないですが)

憧れ続けたこの送水口。
かの蓋の神様、林丈二さんも撮影し、そして触れたであろう送水口。

真上から。
こちらから見て左側はねじ式のまま。右側は差込のアタッチメントが付けられています。
文字は「SIAMESE.CONNECTION」
軌跡のピリオドを含む、文句なしの村上文字です。

普通壁埋設は、この高さから上に配管するものだと思うのですが、
床下にその一部が見えていました。小さい蛇口が見えるので、水抜が簡単なようにこうしたのかもしれません。

それにしてもぼろぼろですが、

この送水口、こちらから見て玄関の左側にあるのです。そして、

右側はどうなっているかというと、

こんなふうになっていて

このプレートが設置されています。

釜石市役所は、高台に在ります。
送水口はずっとこんなふうに「鉄の都」釜石市を見下ろして暮らしてきたのです。

この風景が、突然津波に襲われたときも
送水口はじっと見つめていたのです。



いくつかの映像をみました。


津波がどんどん迫りきたあの日の映像を。





釜石市役所は、非常に美しいデザインで、市民の誇りであり続けてきたことでしょう。



一つひとつの意匠も手を抜いていません。繊細かつ堂々たるつくりです。

左端の構造は階段室でしょうか。なんともモダンです。



送水口がある左側の壁は、こんなふうに
まるで編み物の目のごとく重厚なスクラッチタイルです。
しかし、このタイルも津波の水しぶきがかかり、
すぐそばの地面に押し寄せた木材がぶつかり、
たくさんの車両や機械の破片に晒されました。


この配管も無事ではいられなかったのかもしれません。

今日本に残る扇形送水口は、現在確認されている範囲で四つしかありません。
その中で、この釜石市役所のものは一番新しいものです。
村上製作所製品として、恐らく第一期のこの扇形プレート。
第二期であろう、新潟大和タイプへの進化の過程が垣間見えるこの送水口は、
消防設備史上でも非常に貴重なものと言えるでしょう。

今、釜石市役所は解体・新築を進めているようです。
建物の老朽化による心配を払しょくし、
より効率的な職場を建設し、
新たなる人々の希望の塔を打ち立てることは
物理的にも心理的にも大きな希望になることでしょう。

けれども、長い間ここから釜石市の発展も、悲しみも、見つめてきた
このスクラッチの壁と扇形の送水口を

どうにかして残していってほしいと思うのです。

話は少し戻りますが、
この送水口の存在を教えてくださったのは、かの路上観察の大家、蓋の神様と言われているあの林丈二さんでした。

市のイベントで来釜したときに発見したそうです。
そして、こんな送水口があるよ、と教えてくださいました。

当時、送水口のブログを作ってはいたものの、老舗二大巨頭であろう二つのメーカーの
CECは建設工業社さまとわかっていたものの、
もう一つのMのマークの持ち主はわかっていませんでした。

一方、横濱ビルに「MURAKAMI」という名前の入った送水口があることは
かなり昔から知っていたのです。

けれどもその二つを結びつける確証はありませんでした。
それを繋げたのがこの釜石市の送水口でした。

そして、その情報をもとに
駅からマンホールさんが株式会社村上製作所を探し当ててくださり
メールを送ったらすぐに「じゃあ来ていいよ」というお返事を下さって
たくさんの送水口のお話をして下さって

ああ、思い出すだけでも涙が出てくるのですが

その数日後には第一号の送水口を救出してくださって
イベント?やろうよ、やってみようよ、と背中を押して下さって

そのあともたくさんの貴重な送水口を、
自社のものではない送水口までも救出して
送水口博物館を設立なさったのです。
また、送水口ナイトというイベントも
実施し、継続することができているのです。

現在、いまはなき
旧ブリヂストン本社ビルの送水口や
旧大和百貨店の送水口や
最近では物産ビル別館の送水口たちを愛でたり、
送水口の話を楽しそうにたくさんの方々とすることができるのは

もとを辿れば
林さんが下さった、一枚の釜石送水口の写真と言えるのです。









もし、釜石市役所が解体されるのならば、
ぜひこの送水口を保存してほしい。


できれば、この錆びたドレンごと・・・。



いつかまたこの場所に行くことになるでしょう。


何を残して、何を変えていくのか。
それは部外者の言えることではありません。
けれど、奇跡のように、関わりをもつことができたこの地のために
もしできることがあれば、していきたいと思う気持ちは本物です。


2016年の夏。
復興は少しずつ進んでいました。



次に行くときまで、
私は私の仕事を、今いる場所でこの国の未来のために全うします。
次に行ったときに、
この送水口に再会するときに、恥ずかしくないように。

2016岩手への旅~林丈二氏を追って~②  盛岡:オールドタイプ!レア送水口たち編 

先ずはこちら。北日本銀行・・・何かありそうな気配が濃厚に漂ってまいります。


あっ!!!



あった~~♡



建設工業社様のアルファベット壁埋設。
文字は送水口倶楽部で「スターウォーズ型」と呼んでいるもの。 

彫ってます。 


蓋の鎖留がまあるくて可愛いです。 蓋とは別鋳造ですね。

CECではあまり見ないメッキモノでした。



岩手大学歯学部入口。
ちょっと茂っていてよく見えなかったのですが・・・・あっ、あれはもしや!!


CEC漢字露出Y!! 

めっきされていたようです。建設様ではあまり見ないかも?新鮮。 

くっきり。
胸が高鳴ります。触りたいけど届きません。 

しっかり点検もされています。現役。 







こちらは隣接している岩手医科大学附属病院歯科医療センターの駐車場入り口。 

こんなところに定礎が。それはともかく 

こちらにもありましたありました。 

CEC祭りです。幸せ。素晴らしい。盛岡すてき。 


こちらから見て左側は純正のキャップでした。 




こちらから見て右側は…どこかに発注して似たものをつくってもらったのでしょうか。
きちんと補修すてきです。 

ちょっと傾いてはいますが、やはり貫禄の120度。 
建設様特有の本体の袖部分がかっこいいです。

岩手大学附属病院敷地内にある建物のための送水口。こっちは村上製作所製。
送水口テーマパークですか? 

ロゴもあります。(鎖留仕様ではないですが)
かんぽっくり型接続口です。(アクリル蓋により鎖無いのでしかったなかったですね) 


緑青と深い赤アクリルのコンビの美しさと言ったら 

さてこちらは岩手県水産会館 

大切にされている南北製作所様の壁埋設がありました。きらきら 
今年(2017年)おそらく50才。がんばれー

そして、期待の県庁です。  

見えにくいのですが、先ほどの北日本銀行物件と同じスターウォーズ型でした。 


採水口もついています。するどいエッジの開閉弁がたまりません。

CEC祭りは続きます。

おっ

おおお 

「はい、中央が抉れてます」「袖と腕のつなぎ目が柔らかいけどちゃんと存在」
とりあえず上から見てメーカー確認はしますが、 

この浮いてるところが気になってしかたありません。


しかも防火栓が通常より大胆に埋め込まれていて、
自立型なのに

いやその前に「防火栓」ですよ防火栓。
岩手にもそのシステムが、というのではなくきっと東京でつくったデザインを全国で使っているのでしょうね。

それにしても、かっこいい制服を着て、式典で敬礼しているのに
靴を履き忘れてしまい、しかも隣の人が埋まっている
という感じに見えてしまうこの物件。最高です。


レアなのは、双口だけではありません。
先ずは期待の銀行建築。 

年代ものではありませんが、シンプルで美しい送水口です。
それにしても蓋は何とかならなかったのでしょうか。

こちらは、夜のお散歩で見つけた単口。

東北電力ビルですが・・・



むむむむ村上単口じゃないですか!!!
しかもアクリル。しかも缶ぽっくり。
単口なのにあのぷっくりスカートタイプじゃない。
なんというミニチュア感。なんという淡泊さ。
可愛いけど、きりっとしていてかっこいい。
はああ、今度はこちらが敬礼するしかありません。美しい。
と言いつつ、このタイプは実は似たタイプを一度見たことがありまして、


こちらです。プレートは一緒、しかしねじ式で金属蓋が付いています。
ということは東京・・・ではなく、これがなんと新潟のものなのでした。
こちら、設置された当初はきんぴかだったと新潟のまこさんから教えていただきました。 


だから、東北電力の単口さんも磨けばぴかぴかになるはず。
でも黒は黒でかっこいい。欲張りです。



さて、最後は不思議、という意味でのレア物件。

球部が大きいので南北さま?
いや、南北様は腕がぼよん、としているのです。 

しかも腕はだんだん広くなっている、ような気がします。
逆はあるけれど…錯視でしょうか。 

しかしこの近寄り難い環境。上は同型の送水口があったのでしょう。 
とても派手な送水痕となっております。

がんばりますが、これが限界。ちょっぴり見えるのは痕となった送水口でしょうか。
とすると、ちょっと見えているこれはロゴ・・・?しかし読み取れません。
緑青で覆われてしまっています。


上から撮りにくいのでせめて下から。
そしてこちらを見ると、やはり同じようなロゴが。こちらも劣化していてわかりません。
何よりこんな形状で付いているロゴを私は他に知りません。蓋も、です。 

盛岡の夜は更けていきます。
そしていよいよ釜石へ向かったのでした。