送水口観察を楽しむために

送水口観察を楽しむには、ネット上でサイトを見たり、カタログを見たりするのもよいのですが、やはり野に出てその姿を自由に眺めるのがよろしいかと思います。

野ではないですが。
あまり自由でも不審に見られますが。

というわけで、実物を見るためのポイントを書いてみようと思います。

ポイント、だなんてちょっと気恥ずかしいというかおこがましいのですが、実際にはどのようにしているのか、その一事例と思って頂ければ幸いです。

【1 行く場所を決める】

【2 鑑賞する】

  ①オールド タイプ プレート ~送水口が見つめたきた滔々たる時代の流れを想う~
  ②連結送水管単口送水口 ~もはや進んではいかないその刻に佇んでみる~
  ③露出Y型送水口 ~あえてこのスタイルを選ぶ美意識を見つめる~
  ④メーカーロゴ ~送水口を生み出した人々への感謝をこめて~


【3 撮影する】

【4 調べる(年代、スペック・ステータス)】

【5 つづく】

0 件のコメント:

コメントを投稿